歯周病治療-筑西市 真岡市 桜川市,下野市の歯科 歯医者【おぬき歯科医院】

おぬき歯科医院
栃木県芳賀郡真岡市久下田777
お気軽にご相談ください/TEL:0285-74-0155
HOME
ごあいさつ
医院案内
診療案内
インプラント
矯正歯科
歯周病治療
ホワイトニング
治療費
コラム
小貫歯科QR_Code
http://108191602.ekk.jp/s/i
こちらのQRコードから、
携帯サイトへアクセス
真岡市,筑西市,下野市,桜川市のインプラント、矯正歯科、ホワイトニングなどは
【おぬき歯科医院】へ 
医療法人 統生会 小貫歯科医院

〒321-4521
栃木県芳賀郡真岡市
久下田777
地図はこちら>>

お問い合わせ、ご相談は
TEL: 0285-74-0155
FAX: 0285-74-0936

みどりバナー

歯周病治療

歯周病とは?>>歯周病(歯槽膿漏)治療の流れ>>当医院におけるブラッシング指導 >>

歯周病とは?

歯周病とは、プラーク=バイオフィルム内の原因菌により引き起こる細菌感染症で、35歳以上の成人の80%以上が罹患していると言われています。歯周治療において最も大切なことは、早期のうちに処置をし、予防していくことです。しかし、歯周病は初期には自覚症状がほとんどありません。その為、気づかない間に進行していることが多く、一度ひどくしてしまうと歯肉の完全な回復はむずかしく、実際に、歯周病を自覚してから来院する患者様の多くは、もっと早くに診てもらっていたらと感じる人が多いようです。
次のような症状のうち、ひとつでも当てはまる人は、歯周病である可能性があります。痛みを感じていなくても、予防的に受診されることをお勧めいたします。

  • ・歯ぐきが腫れた
  • ・歯が動いてきた、浮く感じがする
  • ・食べ物が挟まる
  • ・歯を磨くと歯ブラシに血がつく
  • ・歯が長く見えてきた
  • ・冷たいものや温かいものがしみる
  • ・噛む時に力が入らない、または痛い
  • ・歯並びが悪くて磨きにくいところがある
  • ・常に口の中がベタベタする
  • ・前歯の裏側など舌で触るとざらつく
歯肉炎になっている状態の歯ぐき
歯肉炎になっている状態の歯ぐき

歯周病とは

歯周病歯肉炎歯周炎にわけられます。

歯肉炎とは、歯肉のみに炎症が起きた状態で、見た目には歯肉が赤みを帯び、触ると出血しますが、痛みなどの症状がありません。この段階で治療を受ければ、歯肉の回復も早く、完治は可能です。しかし、歯肉炎をそのまま放置すると、歯周炎へと進行していきます。

歯周炎とは、歯を支えている骨にまで炎症が進み、骨が溶かされてしまいます。その為支えが少なくなった歯はぐらぐらし始め、噛むときに力が入りにくくなるなどの自覚症状が出てきます。膿が出始め、口臭も気になり始めます。ここまで進行すると、完全な回復はむずかしくなります。

歯周病(歯槽膿漏)治療の流れ

当医院ではまず初診時に、歯周病(歯槽膿漏)の検査を受けて頂きます。(保険診療内)
歯と歯肉にはわずかな溝があり、4ミリ以上になると歯周ポケットと呼ばれます。それを計測し歯周病の進行具合を診断します。そして、検査結果の報告と今後の治療計画を説明し、患者様の了解の元で治療を開始します。

治療内容は主に歯石の除去ですが、歯科衛生士による患者様一人一人に合わせた丁寧なブラッシング指導を中心とし、プロッフェッショナルクリーニング(バイオフィルムの除去)を行っていきます。

歯周治療において最も大切なことは、プラーク=バイオフィルムを作らない、または早めに除去することです。それには歯科医院で行うプロッフェッショナルケアの他に、治療終了後に患者様がご自身で行うセルフケアが必要不可欠と言えるのです。

治療完了後は、1〜3ヶ月後の定期検診にいらして頂くのが理想的ですが、重症進行性の歯周病では、1ヶ月に1度のメインテナンスにいらして頂くことをお勧めしています。

△ トップページへ

当医院におけるブラッシング指導

ブラッシング指導は、プラークを染色液で赤く染め出して、ご自身のブラッシングがどの程度適切にできているかを患者様と一緒に目で見て確認しながら行っていきます。

きれいに見える歯でも、染め出して見ると意外と赤く染まり、皆さんとても驚かれています。磨き残しができるところは人それぞれ異なり、歯並びの悪いところやご自身の癖でいつも同じところを磨き残してしまうことが多いのです。それを染め出してみることで、自分自身で気をつけなければならないところを自覚することができます。

染め出す前 染め出した後
染め出す前 染め出した後

指導の際には、患者様の歯肉の状態や歯並びに合わせ、適切な歯ブラシをお勧めしたり、それを用いたブラッシングの方法を指導していきます。ブラッシング指導は、月に1度行い、2回目以降の指導では、初回時、または前回の指導後のブラッシング状態や歯肉の変化を見て、再度磨き残しができたところを確認し、指導していきます。不適切なブラッシングは、歯周病を進行させるだけでなく、歯肉退縮や根面う蝕、知覚過敏症などを引き起こす原因にもなります。ご自身が毎日行っているブラッシングがどの程度適切にできているか、1度確認してみることをお勧めいたします。

根面う蝕・・・歯周病や磨き過ぎが原因で歯ぐきがやせて歯の根の部分が露出し、そこにできる大人特有の虫歯の事。

知覚過敏症・・・虫歯ではないのですが、歯が凍みる状態。

また、当医院では、お子様へのブラッシング指導や保護者の方への仕上げ磨きの指導も行っています。6歳頃からは、乳歯から永久歯に萌え変わる時期(混合歯列期)で、この時期は最も歯磨きが困難な時期です。永久歯を虫歯にしないためには、本人の毎日の歯磨き以外に、仕上げ磨きが必要不可欠です。
仕上げ磨きは、8歳から9歳頃まで必要ですが、仕上げ磨きをしなくなった途端虫歯の数が増えてしまわないよう、この時期に、本人へのブラッシング指導もしておく必要があると言えるでしょう。

△ トップページへ
| HOME | ごあいさつ | 医院案内 | 診療案内 | インプラント | 矯正歯科 | 歯周病治療 | ホワイトニング | 治療費 | コラム |
真岡市,筑西市,下野市,,桜川市のインプラント、矯正歯科、ホワイトニング、おぬき、歯科
〒321-4521 栃木県芳賀郡真岡市久下田777 【小貫歯科医院】 TEL: 0285-74-0155 FAX: 0285-74-0936
Copyright(C) 小貫歯科医院. All Rights Reserved.